RIBI 学校法人 北光学園 厚生労働大臣指定 北海道理容美容専門学校

学校紹介 美容科

トップページ > 学校紹介 > 美容科 > 在校生&先生メッセージ
美容科

在校生&先生からのメッセージ

岳上 拓実(湧別高校卒)
内定先/mod’s hair(東京都)

ひとの心に気を配る。
その基礎をRIBIで学べました。

RIBIの思い出はメモリアルエキジビション!学んだ技術を家族にプレゼントしました。普段から仲のいい家族ですが、自分が成長した姿を見せるって結構照れくさい。でも改めて感謝を伝えられるのってRIBIならではだと思います。また、RIBIの先生もまるで親みたいな存在。いろいろ口うるさいなぁと思う時もあるけれど、僕たちのことを思ってくれているのはすごく感じます。プライベートな話も相談もいっぱいしました。先生のやる時はやるという姿勢が僕の好きなところ。放課後の技術練習も、できるまで付き合ってくれました。気配りや感謝、人を笑顔にするための心の基礎を、RIBIで学べたと思います。

阿部 香花(岩内高校卒)
内定先/io.nesco l'ultimo(札幌市)

RIBIでしかできない、
貴重な経験がいっぱいの2年間。

高校生の時に参加したオープンキャンパスの実習で、先輩と先生が一緒に教えてくれました。その距離の近さがいいなと思ってRIBIへ進学。生徒が何度も練習を重ねてつくるRIBIコレ、身に付けた技術を大切な人にプレゼントするメモリアルエキジビション、業界の第一線で活躍する先生がやってくる特別講座など、ここでしか体験できないことがたくさんあるのがRIBIの良いところ。先生も生徒一人ひとりの性格をよくわかって接してくれます。私は自分で前にグイグイいけない大人しい性格。先生はそんな私を言葉と行動で支えてくれるので、私も強い気持ちで一歩進もうと思えます。

ひとの喜ぶ顔が見られる。美容師は本当にいい仕事。

美容科教員坂下 智也

やる時は一番を取るつもりでやれ!というのが私の指導方針です。例えば技術。できなければ一緒に残ってとことん練習に付き合います。生徒のやる気を引き出すには、どのタイミングで言葉をかけるかも大切。生徒は私にとって年の離れた後輩です。 サロンで働いた経験を生かし、仕事の厳しい面も夢のある面も伝えていきたい。RIBIは歴史が長いので、先輩の例などもヒントに本人が望む将来を一緒に考えてあげることができます。美容師はひとと向き合い、喜ぶ顔が見られる本当に良い仕事。その喜びを味わってほしいから、美容師として生きていく心と技術の基礎力を、しっかりつけてあげたいと思っています。

Page Top