RIBI 学校法人 北光学園 厚生労働大臣指定 北海道理容美容専門学校

学校紹介 美容科

トップページ > 学校紹介 > 美容科 > 在校生&先生メッセージ
美容科

在校生&先生からのメッセージ

早河 美波(恵庭南高校卒)
内定先/Loeyle(札幌市)

先生は、私のヒーロー!?
困ったときはすぐに助けてくれます。

カットやメイクなど、トータルでプロデュースできる美容師という職業にずっと憧れていました。まわりには「厳しい世界だよ」と言われたけど、これ以外考えられずにRIBIへ入学。RIBI生活では、先生に助けてもらったことも良い思い出です。ずっと志望していたサロンに就職が内定していたのですが、そこが突然閉店することになり、困った私は先生に相談。ある日、先生が「教え子がお店を開くんだけど、美波にいいかも」と。新しいサロンなので情報がなかったけれど、「先生の紹介なら安心」と面接へ。そこは撮影にも力を入れており、モデルの手配からスタイリングまで全て自分たちでつくるとのこと。サロンワーク以外のことに挑戦できるのが楽しそうだし、オーナーさんのあたたかそうな人柄も魅力的、そして私のことをよく知っている先生が、私に紹介してくれたお店。無事内定をもらい、先生には感謝の嵐です!

和田 流星(石狩南高校卒)
内定先/MINX(東京都)

みんなに支えてもらった分、
たくさんの人を笑顔にしたい。

サプライズを企画して友だちを喜ばせることが好きだった僕は、自分の手で人の笑顔をつくりたいと思い美容師の道へ。オープンキャンパスで案内してくれた先輩は、僕が何を質問しても丁寧に答えてくれました。しかも「たとえ他の学校で学ぶとしても、心を込めて人に接するって美容師に大事なことだからね」と。そんな先輩がいる学校なら、美容師に必要な技術も心構えも身につけられると思いRIBIへ。僕が憧れの美容室に就職が決まったとき、クラスのみんなは自分のことのように喜んでくれて本当にうれしかった。担任の小崎先生はネガティブをポジティブに変える名人。僕が一人で悩んだり落ち込んだりしていることに気付き、「なぜそんなに難しく考えるの?」と自分の経験に基づいたアドバイスをくれました。そのたび心が軽くなり、「これ、できるかも」という自信がわきました。あたたかい人たちに囲まれ、勉強をとことん頑張れる環境。それがRIBIだと思います。

あなたの新しい魅力を、一緒に見つけていきましょう。

美容科教員小崎 由希子

時代は変化しても、この職業のベーシックな考えは意外と変わりません。技術はもちろんですが、大切なのはお客さまの価値観に私たちがいかに合わせられるかということ。美容師はたくさんの人と関わる仕事。RIBIでいろんな人たちと接するなかで、生徒自身が気付いていない魅力を引き出すのが私たちの役目。一人で頑張らず、悩みも、興味のあることも、何でも話してほしい。あなたの新しい一面をどんどん見つけていきたい。生徒たちは私にとって、息子や娘のようにかわいい存在。その子どもたちが社会に出たとき、多くの人にほめてもらえる、かわいがってもらえる美容師であってほしいし、そう育てなくてはと思います。

Page Top